滝沢市地域おこし協力隊 募集
ITというキーワードで地域を盛り上げてくれる協力隊を募集しています!

滝沢市ってこんなところです!

IT分野に力を入れる、「田舎と都会のちょうど真ん中くらい」の
バランスの取れた住心地の良い地域

■「IT×田舎」を最大限に活かせるまちづくりを目指す岩手県滝沢市

滝沢市は岩手県の県庁所在地「盛岡市」に隣接する人口約55,000人のまち。
酪農・農業の基盤となる自然と、盛岡市のベッドタウンとして発展してきた都市とが同居した「田舎と都市のちょうど真ん中くらい」のバランスの取れた住心地の良い地域です。

隣の雫石町・八幡平市まで足を伸ばせば温泉もあります。スキー場も多くあります。レジャースポットへのアクセスがしやすいのも特徴です。

岩手県立大学や盛岡大学といった高等教育機関も集まっている特徴があり若い学生も多く住んでいます。

■北東北一のICT産業の集積拠点としてITの分野にもとても力を入れています

「滝沢市IPUイノベーションパーク整備計画」を岩手県・岩手県立大学・滝沢市の3者で平成21年に策定し、雇用の場所となる「滝沢市IPUイノベーションセンター」を設置しました。いまでは首都圏企業を中心にIT関連の企業が立地し、働く場と併せ、企業や大学などが交流する場としていろいろな可能性が生まれています。

■ただ、課題もたくさんあります…

ICT技術を学ぶ場が少ないこと、若者の流出問題、地域の担い手の育成、観光資源の活用、情報発信力の弱さ…
いろいろあります。

こんな滝沢を「IT」というキーワードで
地域を盛り上げてくれる協力隊を募集しています!

あなたの個性を活かし「IT×滝沢」で、
新しいわくわくを一緒に作りませんか?

岩手県滝沢市の景色

# 滝沢千景

募集テーマ

滝沢市を“東北一のIT産業集積地”とするために
一緒に行動していただける、滝沢市地域おこし協力隊員を募集します!

■ IT新価値創造隊 1名

地域の企業や人と人のコーディネーターとして、滝沢市の魅力やポテンシャルを活かし、地域を巻き込んだ新しい「Made in Takizawa」創出に取り組んでいただきます。
 

  • 岩手県立大学前へのICT関連産業の集積につながる活動
  • 市内の小中学生へのIT教育の企画、運営
  • 市内のITに関わる起業家の育成

エントリーを希望される方へメッセージ

滝沢市IPUイノベーションパークは、岩手県立大学に隣接している利点を活かし、人材の確保や産学官連携の推進を目的に多数の企業が立地しています。

今後は市民・大学・学生・企業の連携を深め、お互いの協力によるイノベーションの創出に向けた活動が必要であり、このイノベーション創出を目的として、イノベーションセンターをハブとした活動を継続して取り組むことが求められています。

そこで、本テーマに取り組む地域おこし協力隊員には、地域の企業や人と人のコーディネーターとして、岩手県・滝沢市(Iwate・Takizawa)の魅力やポテンシャルを活かし、地域を巻き込んだ滝沢発の新しいビジネス・取組・事業・製品などの「Made in Takizawa」を創出する活動に取り組んでいただきます。
一緒にわくわくする滝沢を創りましょう!

 

■ 滝沢魅力発見隊 2名

IT新価値創造隊員と協力し、ITを活かした地域の発信力・PR力・競争力の強化に関する事業を行います。
全国の「滝沢ファン」を増やす活動に市職員とともに取り組んでいただきます。

  • 滝沢市の魅力を全国に発信、知名度を向上させる
  • 滝沢市の暮らしの魅力発掘・取材・SNSなどでの情報発信
  • 企業誘致又は移住に資する交流人口創造に関するイベント等の企画

エントリーを希望される方へメッセージ

滝沢市は、盛岡市のベッドタウンとして発展してきた経緯から、宿泊施設や観光のコンテンツ等が少なく、観光に関する事業による外貨獲得の手段に乏しいのが現状です。
その一方で、市の内部には様々な魅力あるコンテンツがあるものの、それらの掘り起こしや魅力の底上げ、情報の発信がでうまくできていないことが真の課題だと思います。

そこで、本テーマに取組む隊員の方には、地域の方々と様々な繋がりを持っていただきながら、ただ住んでいるだけでは気が付かない新たな視点で、埋もれている地域資源の掘り起こしや魅力の底上げ、その情報発信に関する事業を行い、滝沢市の持つ魅力を滝沢市外の方はもちろん、滝沢市に住むの住民の方々へも伝えていくことに取り組んでいただきます。
これらを通じて、滝沢市への移住・定住人口に繋がる魅力発見だけでなく、既成概念に捉われない新たな「稼ぐ観光事業」を一緒に創出しましょう!

募集予定の概要

募集人数 IT新価値創造隊 1名
滝沢魅力発見隊 2名
応募資格
  1. 地域活性化に意欲があり、地域住民と共に積極的な活動ができる方
  2. 三大都市圏内の都市地域若しくは政令指定都市に居住(住民票がある)の方
  3. 採用後に滝沢市に住民票を異動し居住できる方
  4. 普通自動車運転免許(AT限定可)を所持又は取得予定の方

(※上記のほか詳細な要件については募集要項(予定)をご確認ください。)

雇用形態 市の非常勤特別職 ※副業可能
雇用期間 着任日から最大3年間
待遇 月額180,000円(予定)
社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険)に加入。
住居、パソコン等、活動の際の車の使用について対応予定。
備考 本事業は総務省「地域おこし協力隊」の制度を活用しています。
※詳細は募集要項(予定)をご確認ください。

採用の流れ

1募集開始

平成31年3月~募集開始予定です。募集開始後、必要書類をダウンロードし、記入の上、下記の宛先に応募用紙をお送りください。

〒020-0692 岩手県滝沢市中鵜飼55
滝沢市役所企業振興課
地域おこし協力隊エントリー担当

2書類選考

提出を頂いた書類をもとに選考を行います。(選考の結果については応募者に通知します。)

3面接

1次選考後、隊員としての適格性の面接を行います。(滝沢市内予定) (選考の結果については面接者に通知します。)

4採用

着任・活動開始の予定は4月1日です。活動開始までの相談や説明について可能な範囲で対応します。

平成30年11月1日(木)
募集案内開始
平成30年11月30日(金)
三大都市説明会@大阪
(詳細はコチラ
平成31年1月20日(日)
JOIN移住・交流&地域おこしフェア2019に出展・説明会
3月上旬
(予定)募集開始
3月中旬
(予定)応募締切
3月中旬
(予定)書面選考
(審査結果の通知を行う予定です。)
3月中旬
(予定)最終面接審査
3月下旬
(予定)面接結果通知
平成31年 4月1日
(予定)滝沢市地域おこし協力隊員任命式、活動開始

説明会日程

東京と大阪を会場に、地域おこし協力隊の募集説明・相談会を開催します。
当日は担当課の職員が説明を行いますので事前の相談等も可能です。ぜひお越しください。

1回目
(大阪会場)

【開催日】2018年11月30日(金)
【時間】15:30~18:00
【場所】TKPガーデンシティ東梅田

大阪会場では、地方創生IoTセミナーin大阪と題し、セミナーの中で滝沢市を知って頂くための取組や、今回募集する地域おこし協力隊の説明を行います。詳細は下記の「説明会に参加する」をご覧ください。

2回目
(東京会場)

【開催日】2019年1月20日(日)
【時間】10:00~17:00
【場所】東京ビックサイト 東1ホール

東京会場では、移住・交流&地域おこしフェア2019に参加し、説明会を行います。会場には滝沢市ブースを設けますので、地域おこし協力隊の説明だけでなく、滝沢市近郊での暮らしについてもお話致します。詳細は下記の「説明会に参加する」をご覧ください。

よくある質問

【Q】想定される応募者はどのような人ですか?

【A】募集テーマに基づき、滝沢市の特性を学びながら、地域の魅力や課題を発見し、市内外の人材とコミュニケーション・連携を執りながら、仕組みづくり・情報発信・行動して頂ける方を想定しています。

【Q】副業は可能ですか?

【A】業務に支障のない範囲で副業が可能です。その際は事前にご相談ください。

【Q】雇用開始日は平成31年4月1日からでないと応募はできませんか?

【A】平成30年4月1日は最も早い場合であり、個別の事情に応じて対応可能です。遠慮なくご相談ください。

【Q】複数のテーマに応募することは可能ですか?

【A】複数テーマの応募は出来ません。第1希望のテーマのみで応募ください。

【Q】説明会への参加は必須ですか?

【A】参加は必須ではありません。説明会に参加しない、出来ない場合も応募可能ですので、ぜひエントリーください。

【Q】滝沢市の出身者、または岩手県内の出身者でも応募は可能ですか?

【A】出身地はどちらでも構いませんが、現在お住まいの住所が三大都市圏の方を対象としています。詳しくは募集要項(予定)をご覧ください。

【Q】HPに掲載していない内容で相談したいことがありますが、どこに連絡すれば良いでしょうか?

【A】下記のお問い合わせからご相談ください。担当よりご連絡致します。(内容によってはお時間を頂く場合もございますが、ご了承願います。)

お問い合わせ

滝沢市 経済産業部 企業振興課
住所 〒020-0692 
   
岩手県滝沢市中鵜飼55
電話 019-656-6536
FAX 019-684-5479
Mail kigyo@city.takizawa.iwate.jp